名古屋市

せんて 味の七変化牛タンまぶし

目安時間 5分

久しぶりに大須へ遊びに行きました。

最近の大須は食べ歩きに向いた軽めの食べものが多いので巡る予定でしたが、

こんな店を発見したので、胃袋を一点集中させました(笑)

せんて 大須まねき猫前店です。

せんて看板

せんての所在地

せんて 大須まねき猫前店

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目33−24

TEL:052-265-9103

営業時間:11:00~24:00(ランチは17時まで)

定休日:年中無休

せんて ランチメニュー

タッチパネル

せんてでは目の前にあるタッチパネルで注文をします。

ちなみに会計もこのタッチパネルで会計ボタンを押して店員さんを待ち、

店員さんから伝票を受け取って入口レジで精算をするというなかなかおもしろいスタイルです。

 

ランチメニューはこちら。

メニュー

牛タン、牛カツ、牛つくね、炙り鶏とどれもおいしそう!

どれも並と上がありますが、違いは肉のサイズです。

上が並の1.5倍のサイズの肉が入っているそうです。

 

食べ方1 食べ方2 食べ方3

紙のメニューにはウナギのひつまぶしのように食べ方の順番が書かれています。

 

肉感溢れる!牛タンまぶし

メニューの中から私はオススメである牛タンまぶしをチョイス。

ご飯は小盛りにしてもらっています。

牛タンまぶし

 

まぶし、薬味、漬物、お出汁、中華スープです。

 

牛タンまぶし

分厚めに切られた牛タンがおいしそう!

 

さっそくお茶碗によそっていただきます。

まずは何もつけずに丼そのままで。

おいしい!

牛タンは肉厚で、なのに柔らかく食べやすいです。

そしてご飯。肉の脂がシミシミでベストマッチ!

小盛りを少し後悔(笑)

 

さくさく食べ終わってしまうので次の食べ方に。

薬味を載せていただきます。

薬味皿には小ネギ、白ゴマ、肉みそ、茎わさび(でしょうか、普通のペースト状ではありませんでした)があります。

もともとネギも白ゴマも肉の上に乗っているのでこちらはあまり味の変化なし。

 

最後はお茶漬け。

わさびや肉みそを乗せてお出汁をかけて、さらさらといただきます。

この食べ方が個人的には一番おいしかったです。

肉みそはピリッと辛く、わさびがツンとしたアクセントに。

 

お茶漬けスタイルは2回に分けて食べました。

 

中華スープ

中華スープはわかめ入り。

コップのような形状なので、なぜか片手を底に添えるお茶を飲むようなスタイルで飲んでいました(笑)

 

浅漬け

浅漬け。

ほっこりする素朴な味。

肉肉している口をリセットできる箸休めの神様的存在でした。

 

ほとんど生の食感!牛カツまぶし

友人は牛カツまぶしを注文していたのでお肉をトレード。

牛カツまぶし

見ていただくとわかるように、肉の色が赤いです。

ほとんど火が通っていない、ミディアムレア状態。

一口食べると、生の肉感がすごい!そしておいしい!

ここまで赤い状態だということは新鮮さの証拠です。

 

こちらの牛カツも私はお茶漬けにするのが、好みでした。

なぜならカツの衣が、出汁を吸って柔らかくなり食べやすくなるから!

出汁の旨みがまざってよりおいしいということももちろんあります。

 

その他

厨房

せんてはカウンター席とテーブル席があります。

カウンター席に座ると、牛タンを焼いているところを間近に見られます。

 

また座席数は1階、2階とそれぞれ40席ずつ、計80席あるので、

お昼時でもそんなに並ばなくて済むんじゃないかなと思いました。

 

お持ち帰り窓口

入口外のすぐ横ではテイクアウトもやっていました。

牛カツドックなどファストフード的に楽しむことができるようです。

 

まだまだ味わい尽くせていないので、また再訪問したいと思います。

 

   名古屋市   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ブログランキング
メタ情報