津島市

津島市「莪原家」横浜家系ラーメンの店

目安時間 7分

先日、西尾張中央道を走っていたところ、

 

前は桶狭間タンメンだった店が閉店して

 

代わりに横浜家系と大きく書かれた看板に変わっていました。

 

新しくできたならば行かねば!と家族で行ってきました。

こってり濃厚スープの横浜家系ラーメン

調べたところ、こちらのお店は1月11日にオープンしたばかりだそう。

 

日曜日の夜ということもあり、家族で来ているグループが大半でした。

 

横浜家系ラーメンが大々的に書いてあるので店名かと思いきや、

 

店名は「莪原家」。

 

 

店の中に入るとまずすぐに券売機が一台設置されていました。

 

 

券売機が1台しかないので、入店が重なるとここで詰まりそう・・・。

 

ささっと買って席に着きます。

 

席についたあと、店員さんが食券を回収しにきてくれます。

 

その際に麺の固さやスープの濃さ、レディースセットであれば塩か醤油を決めます。

 

初めてであればまずはすべて普通をとオススメされたのでそのようにしてみました。

 

 

待つこと数分、それぞれのラーメンが到着。

 

 

まずは私が注文したレディースセット。

 

半ラーメン(塩)、半チャーハン。

 

 

夫が注文した気合い盛りラーメン。

 

海苔が6枚、チャーシュー3枚、味玉がプラスされたお得なラーメン。

 

子どもが頼んだ味玉ラーメン。

 

スタンダードなラーメンにはチャーシュー1枚、うずら卵、海苔、ほうれん草がトッピングされています。

 

 

 

おもわず頼んだ唐揚げ(笑)

 

 

揃ったところでいただきます♪

 

 

 

 

まず目につくのがスープ。

 

ものすごくこってりしていて、膜が張っているのが見えるほど。

 

口に含んでもモッターリとした舌ざわり。

 

しかし臭みがあるというわけでもないので飲みやすいスープでした。

 

私は塩を選んだので、醤油も飲み比べさせてもらったのですが、

 

個人的には塩のほうが好き!

 

なんというんでしょう、塩のほうがとんこつの味をスムーズに感じられるイメージ。

 

お酢を入れたあとの変化がわかりやすいというのも、塩の良さだと思いました。

 

 

みなさんもどちらのスープが好みか食べ比べてみてくださいね♪

 

 

テーブルに置かれたお酢をぐるりと一周まわしかけると

 

一気にさっぱりとした味わいに変わりました。

 

半分食べたくらいでお酢を入れるのがベストタイミング!

 

 

麺。

 

もちもちと歯ごたえのある麺。

 

こってりスープがよく絡み、食べ応え満点です。

 

 

トッピングのほうれん草は甘めに煮てあり、口の中のリセットに最適でした。

 

チャーシューもしょっぱめの味付けを想像していたのに甘め。

 

肉厚でジューシーでうまい♪

 

 

 

 

レディースセットについてきた半チャーハン。

 

卵がふんだんに使われていてパラッパラ。

 

塩コショウでしっかりと味付けされていて、醤油は控えめなチャーハンでした。

 

ラーメンと同時に食べても、お互いがお互いを邪魔しない、

 

そんな味付けでとてもおいしかったです。

 

 

次回は麺の硬さやスープの濃さをアレンジして食べてみたい♪

 

ごちそうさまでした!

 

 

莪原家 所在地

横浜家系ラーメン 莪原家

 

〒496-0011 愛知県津島市莪原町不毛66

 

0567-25-2311

 

営業時間:11:00~24:00(オーダーストップ23:30)

 

定休日:年中無休

 

駐車場あり、全日完全禁煙

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます(^^)
お役に立てましたか?
よろしければ、ブログランキングぽちりよろしくお願いします♪
にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ブログランキング
メタ情報